FC2ブログ

時計が壊れてしまいました。

1年間愛用していた現場用時計が壊れてしまいました。



ネットで買った安物でしたが、重宝していたのでとても不便です。







過酷な状況で使用していたので、壊れるのも無理ありませんが、少し早すぎです。



時計なして仕事をしていると、どうしてもマッタリと時間を過ごしてしまい、1つの仕事に時間をかけすぎたりします。



ここまでは何時までにやる!とか、塗装の予備乾燥に何分おいておくとか。



スマホを取り出したり、時計を見に行ったりする時間は確実にロスタイムなので、腕時計がないと調子が狂ってしまいます。



スマホ取り出すくらい何秒もかからないなんて考えていたら、コストダウンはできません。



板金塗装でかかる経費No. 1は人件費。



安くて品質の良い修理を提供するためには、秒単位で時間を切り詰めなければダメです。



ダラダラ仕事している職人は、「最近安い仕事ばかり」とか「安くしてとかばかり言ってくる客ばかりでやる気でない」とか文句しか言いません。



お客様が求めるものは品質と安さ!
私達はそのニーズに応えるため、全力でその相反する課題をクリアしていかなくてはなりません。


腕時計してたら車に傷つけるかもとか言い訳言ってる職人もいますが、それはただ集中していないだけ。



仕事は秒単位。自分にも言い聞かせたい格言です。




禁酒

昨年から禁酒を実行していましたが、飲まない事が当たり前になってきました。



もちろん完全に酒を断つという事ではなく、週末は普通に飲むし、仕事関係の付き合いで飲みにも行きます。



飲み自体をコントロールする事ができれば良いわけで、この要領で悪い習慣は禁じたり、良い習慣は継続したりしています。



私は昔最低でした。酒やギャンブルなどやりたい放題でした。はっきり言って今の自分より全然ダメダメです。死んでしまえって感じです。



当然、今は会社を経営しているのでそんな事にのめり込んでいる場合ではありません。



というか最低限の悪い習慣を禁じる事が出来ないと、経営者として成功できないと感じています。



最近、板金塗装やコーティング会社の経営者に会う機会が増えてきましたが、そういった経営者の先輩方に会うと、自分はまだまだだなぁと思ってしまいます。



もっと自分をコントロール出来る様にならねば。

過ぎたるは、及ばざるが如し

最近自分中では禁ずるが流行っています。


間食を禁ずる、平日の酒を禁ずる、夜更かしを禁ずる etc・・・。


アメリカのスタンフォード大学の研究によると、人間の脳の意志の力にも体の筋肉と同じように体力のようなものがあって、禁煙や禁酒で意志力が疲弊すると脳が疲れきって浮気したりギャンブルに走ったりすると言うデータがあるそうです。


自分の経験上、何かをやめようとする時ある程度でストレスが溜まってくると、ダムの堤防が決壊するのごとくバカ食いしたり一気に体調を崩したりします。


なんでもホドホドにです。過ぎたるは及ばざるが如しとはこの事ですね。


ただ、同じく研究の結果、脳の意志力は体の筋肉と同じように、鍛えれば鍛えるほどその力が増すそうです。意志力筋とでも言えるでしょうか。


幼い頃から辛いのを我慢してスポーツしたり、ゲームする事を我慢して勉強したりする事で意志力筋が強くなる。結果として良い大学に行けたり、良い条件の仕事につけたりしますよね。


それだけが幸せではない! と批判する人も多いかと思いますが、果たしてそうでしょうか?


意志力が強ければ、相手の事を思いやり、自分の事よりも相手を優先して物事が考えられそうです。


結果、夫婦関係、職場の人間関係は常に良好である確率も高いし、意志力筋の強さでどんな逆境でもストレスも感じにくいのではないでしょうか?


私達が10キロも走ったらものすごく苦痛なのにくらべ、鍛えられたフルマラソンのランナーが10キロぐらい走っても鼻歌まじりの気分なのと同じような感じではないでしょうか?


話はあらぬ方向に進んでしまいましたが、何かを禁じで意志力を高める事は大切です。


ただし、体と同じように無理して鍛え過ぎれば脳も耐えられません。


過ぎたるは及ばざるが如し。何事もやり過ぎは良くないですね。

三井物産は凄すぎ!

超一流の総合商社、三井物産。


三井物産では新入社員が入社したら、即座に海外の現場に出張させるらしいです。


そして、海外で現地の言葉をビジネスレベルで習得し、更に現地でのさらなるビジネスチャンスを探らせるそうです。


つまり、入社後いきなり起業を検討させるという事です。


三井物産の社訓?は「一人ひとりが起業家であれ」


一流大学卒業の人材が、更に社会にもまれ(それも言葉もまともに通じない海外で)、そして起業に向けて突き進む。


正直自分の歩んできた人生が馬鹿馬鹿しくすら思えました。


私も20代後半からはそれなりに苦労して来たつもりだったのですが、三井物産の社員の面構えを見ると自分がちっぽけな人間に見えて仕方ありません。


自分も若い時もっと勉強しとけばよかったと、今本気で後悔しています。


勉強は大切です。良い大学に行かなければ土俵にも立てません。


というか土俵に立てない訳ではないが、条件の良い土俵を選べないといった方が正確でしょうか。


一流の人間とは、早くは小学生、遅くとも中学生位から努力を積み重ねた人です。


彼らには明確な将来の目標はなかったと思いますが、とにかく走り始めていた。


自分が歩調を早めたのはせいぜい20代後半からです。


なんか悔しいですね(^_^;)


全くスパルタになるつもりはありませんが、我が子には勉強の大事さをしっかりと伝える必要があると思いました(T_T)

ウミイグアナの進化

ガラパゴスで有名なイグアナ。


ガラパゴスに食料は少なく、イグアナの食料はサボテンだそうです。


しかし、サボテンもイグアナに食べられてばかりにはいかず、幹を伸ばしてイグアナに食べられないように進化したそうです。


簡単にサボテンが食べられなくなったイグアナは、サボテンの下でひたすらサボテンの実が落ちてくるのを待ちます。


ひどい時は1週間もサボテンの実が落ちてこないそうです。


イグアナは困りました。多くのイグアナは無駄なエネルギーを使わないようにじーっとサボテンの下で実が落ちてくるのを待ちます。


しかし、あるイグアナはチャレンジしました。


行ったこともない海の中へ食べ物を求めたのです。


イグアナにしてみればとんでもないチャレンジです。


あるイグアナは溺れ、あるイグアナは新たな天敵に食べられる。


でも海の底には山の様な食料があったのです。


チャレンジしたイグアナ達は最初は30秒ほどしか潜れませんでしたが、進化を重ね、今では1時間以上も潜れる様になりました。


山の様な食料にありついたイグアナは、サボテンの木の下の陣取り合戦に負けた弱いイグアナでした。


でも弱いイグアナは新たなチャレンジをする事によって、食べ物に困る事は無くなりました。


当時、サボテンの下で陣取る事が出来た強いイグアナは、いまだに1週間に一粒落ちて来るかわからないサボテンの実を待っています。


独立や起業する人々が弱い人とは思いませんが、新たな新天地を求めてチャレンジするという部分は、この海に潜ったイグアナに似ています。


荒波にもまれながらも、きっと強くたくましくなって、新しい生き方を見つける事が出来ると思います。
プロフィール

トロトロ0816

Author:トロトロ0816
 27歳で公務員を退職 →  周りからバカだと言われる
 手に職をつけるため飛び込んだ自動車板金塗装業。バイト見習い中に工場が廃業・・・。
 そのときの仲間とワラをも掴む思いで始めた自動車板金塗装工場で13年働き退職。
 波乱に満ちた人生ですが、最後には自分だけの工場がほしい。そんな思いでこのブログを始めました。
 
 昨年10月 念願の独立を果たす。
 
思いは現実になるんだと知り、次の目標は自社工場を建てる事。
願いがかなうその日まで、日々更新していきます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

自分の店を持つ(àBêe店主のフランス滞在記)

おすすめ情報ブログ
FC2ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
本ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オーナーのおススメ本
海賊とよばれた男 上
FeBe